酒好きの人が好むウイスキーの銘柄の特徴

ウイスキーと言えば、なんだか大人の中の大人が飲むものや、ワイワイしている様な場所ではなく、しっとりとした雰囲気な感じで飲まれているイメージはありませんか。ウイスキーを飲み始めてみようとお考えの方もいるのではないでしょうか。ウイスキーにも様々な銘柄があるのはご存知ですよね。まずは、初心者の方でも比較的飲みやすい銘柄選びをご紹介します。まずは安い価格の銘柄から始めるとよいでしょう。酒屋さんはもちろんですが、今ではコンビニやスーパーでも売られています。気になった銘柄を手始めに飲んでみましょう。ただし、大量に買うのではなく慣れるまでは飲みきれる量のものを買うとよいでしょう。飲み慣れていくと次第に味も分かるようになります。それから、自分の好みに合った銘柄を購入していくとよいでしょう。

ウイスキーの銘柄選びのポイント

ウイスキーといえども種類は様々で、選ぶポイントしては産地や予算で選ぶことが多いのではないでしょうか。例えば、産地で選ぶとすればカナダ産は口当たりが軽快ですし、アメリカ産は甘みが独特な味わいですし、日本人の舌にあった国産のウイスキーも作られています。予算で選ぶなら比較的高めなのがシングルモルトウイスキーで、ブレンデットウイスキーは比較的リーズナブルな価格です。注意することは、同じ銘柄でも熟成年数によって価格が大きく変わるので気を付けましょう。中にはフルーティーな味わいのものや花や蜂蜜のように華やかな甘みのあるもの、スパイシーな味わいのものまで様々です。初めは安い価格のものから飲み切れる量を飲まれるといいでしょう。次第にご自分の舌に合ったお気に入りの銘柄が見つかることでしょう。

好まれているウイスキーの銘柄を教えます

ウイスキーを飲み始めたのだけど、どんな銘柄に人気があるのかをお教えします。スコッチウイスキーのWHITE HOUSEは馴染みのあるウイスキーで価格も安く花や蜂蜜のような甘くて華やかな香りで、口当たりもよく初心者には定番です。次に紹介するのはジャパニーズウイスキーで角瓶です。甘い香りでありながら後味がスッキリとしていて、日本人の舌に合ったウイスキーの代表です。また、言わずと知れたJACK DANIELSはテネシーウイスキーの代表でバニラやキャラメルといった独特な香りとまろやかな味わいが特徴的です。産地によっても香りや風味も違いますし、熟成年数や度数も違います。またそれぞれに合った飲み方もあります。ストレートや水割り、昨今ではハイボールが多く飲まれています。ご自分に合った飲み方でウイスキーを楽しみましょう。