トップ / 賃貸契約の連帯保証人

賃貸契約の連帯保証人

賃貸契約に必要なこと

賃貸契約の保証会社利用

賃貸物件契約時に、様々な事情により「連帯保証人」をたてることができないことがあります。このような時は「保証会社」を利用されることをお勧めいたします。連帯保証人の代わりをしてくれるのが「保証会社」です。保証会社を利用するのは悪い事ではないです。貸主も連帯保証会社だけでも良いという場合があります。それは、「連帯保証人」をたてるより確実に家賃保証される場合があるからです。賃貸契約時の「連帯保証人」がいないとお困りの方は恥ずかしい事ではないので、不動産業者に相談される事をお勧め致します。

工務店, 外壁

賃貸物件を見る時のポイント

賃貸物件を見る時に気をつけておきたいポイントは、窓の大きさやそれによってどれくらい日が当たるのかなど部屋の環境をチェックしておきます。時に日当たりなどは時間帯によって一日の家でも大きく変わりますのでできれば時間帯をずらして見に行くなどするとよいでしょう。また部屋に大きな傷やシミなどがあるのかどうかも事前に確認しておきます。賃貸契約をする前に直してもらうことができるのかやそこに傷などがあることを不動産会社に確認してしておいてもらうことが大切です。

↑PAGE TOP