高級と言われるウイスキーの銘柄についての解説

お酒の中でも特にウイスキーが好きな方も多くいらっしゃいますが、知識が豊富な人はお店やご自宅などで飲む時にはきちんと銘柄を意識してウイスキーを選ばれています。そうすることで、より自分に合ったお酒を選べて楽しいお酒を味わう時間となります。ウイスキーを選ぶときには気をつけるポイントというのがありますので、参考にしてみるのもお勧めです。その大きなポイントとしては、度数で選ぶ、飲み方に応じて選ぶ、そして価格で選ぶということです。ご自分の飲む時の状況や気分によって、一番大切にしたいポイントで選べば、きっと満足ができる銘柄をセレクトできるはずです。特に初めてウイスキーを購入する時には、購入後にセレクトを失敗したと気付いても勿体ないですので、少しでも選ぶ知識がある方が安心です。

度数や価格を確認して適した銘柄のウイスキーを選ぶ

ウイスキーがお好きな方は風味にも強いこだわりを持っている方が多く、そのためにあえて度数が強い銘柄を選ぶことも多いです。 ウイスキーの場合はビールや日本酒に比べるとアルコールの度数がもともと高く、平均のアルコール度数は40度数と言われています。何度も飲み慣れていない方がウイスキーを選ぶ時には、あまり高い度数を選ぶときつくて口に合わないと思われるかも知れませんので、初めての購入では手始めに、口当たりのマイルドな度数から選ぶ方が馴染むことができて美味しく感じられます。価格帯も1000円以下から数万円もする物まで幅広くいろいろありますが、できればメーカーサイトなどで価格を見比べてみたり、試飲できるような機会があれば味に見合う価格かどうかを確認してみるなどして、ご自分にとっての適正な価格の銘柄を見つけていくことをお勧めします。

こだわりの好きな飲み方に適した銘柄のウイスキーを選ぶ

ウイスキーにも銘柄によって、お勧めの飲み方が違ってきます。水割りやロックとして飲んだ方がより風味を感じられる銘柄もありますし、ソーダなどで割って飲むほうがスッキリとしてより美味しく感じられる場合もあります。そのためにも、ご自分がどのようにウイスキーを飲んでいる時が一番美味しく感じられて好きなのかを自分で把握しておくことが大切です。そして好きなこだわりの飲み方が決まったら、その飲み方に適しているとされるウイスキーの類から、選ぶ物を決めると良いです。飲み方の種類にもそのまま飲むストレートやそこに氷が入ったオンザロック、水と氷が入った水割り、ソーダ水で割るハイボールなどさまざまな飲み方があります。あらかじめこのような飲み方を勉強しておくことも、最適な銘柄を選ぶ時には役立つ情報となります。